2008年7月7日月曜日

蕎麦屋

美味い蕎麦屋が極めて少ない香川県で、大好きな蕎麦を食うということで、塩江温泉郷の行基庵へ行ってきました。
行基庵では、打ち立て出来たての蕎麦を食すことができます。
麺は細く、透明感があります。
聞いてみると蕎麦粉8割、うどん粉(小麦粉)2割の割合でつなぎが入っているそうです。







天ざるそば上大盛、いつも通りの美味い蕎麦でした。


塩江温泉郷は約1200年前に行基が発見し、その後、弘法大師が修業をして万人に湯治を勧めたという

歴史ある霊泉として早くから親しまれている温泉です。

行基庵は、塩江道の駅にあります。
この道の駅には行基庵だけでなく、行基の湯という温泉浴場も併設されています。
小ぢんまりしていますが、落ち着きます。






足湯もあるので、温泉に入らなくても温泉気分は味わえます。


さらにこの道の駅には、地元産物の直売所もあります。






純国産(塩江産)の野菜などを安心して買えます。しかもスーパーなんかよりも安かったりします。
地元では有名な、ふじかわ牧場のソフトクリームもあります。






ソフトクリームは大人気で行列ができていました。
店内にはこんな張り紙が・・・。






聞いてみると、アイスサンドは30円、ぷりんは40円の値上げをしたそうです。
どちらも2割の値上げです。
原材料高がこんなところにまで影響を及ぼしています。


塩江温泉郷は、高松市内中心部から車で小1時間。
周りは山に囲まれて、気のせいですが、マイナスイオンを感じます。
休日のちょっとした気分転換に、たまには蕎麦を食べに行ったりするのもいいですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿

先端設備等導入計画を検討してください!

おはようございます(^o^)/ 2018年8月26日の日経新聞に「認知症患者、資産200兆円に」という記事が掲載されていました。 記事によれば、高齢化の進展で認知症患者が保有する金融資産が増え続け、2030年度には215兆円に達し、家計金融資産全体の1割を突破しそうとのこと。...