2008年9月30日火曜日

為替に注目です。

お久しぶりです。
サボってるわけではないのですが、ありがたいことにお仕事が忙しく、ブログを書く前に力尽きる日が続いていました。
早く更新せよとのありがたいお言葉もいただき、感謝して執筆o(^▽^)o


シティが9月30日に発行を予定していたサムライ債の発行延期を決定しました。
このサムライ債は、9月9日前後に日経新聞等で、高金利(期間3年、利率3.22%)のサムライ債として紹介されました。
その後のリーマン破綻から本日まで続いている金融不安。
シティも市場から不安視され、シティの既発サムライ債の利回りは9月16日時点で約3.7%まで上昇。その後4%を超えたと聞いています。
利回りが高いということは、債券が売られているということです。リスクが高いと思っている人が多いとも言えます。


シティ新発サムライ債の利回り3.22%は、ものすごい反響でした。ネットでも大騒ぎでした。
ここで、高利回り債券を拾っておくのも一つの考え方ですが、冷静になってリスクを検討する良い機会となるでしょう。


個人的には為替に注目しています。
ユーロ、豪ドルあるいはカナダドルに対して、円が急伸しています。


為替は何でやるか、です。
FXであれば、レバレッジをかけることができますが、基本的には雑所得となり、総合課税されます。
儲かった時には税負担の重さを痛感することになります(くりっく365の場合は申告分離課税)。


外貨預金は、レバレッジなしで為替差益は雑所得課税。しかも為替手数料が馬鹿になりません。


外貨建MMFは、レバレッジなしで儲けは非課税。為替手数料は外貨預金と比べるとかなりお得。
毎月分配金が出て、源泉徴収されるのが玉に瑕です。

2008年9月22日月曜日

恐慌前夜

怒涛の一週間でした。
リーマン破綻からAIG破綻危機。なんとか持ちこたえたといった印象です(-。-;)


とりあえず、市場は落ち着きを取り戻し、NYダウ、日経平均とも上がっています。
為替も落ち着いています。今のところ。


でも、まだまだ底が見えません。
情報収集が必要です。


ということで、本の紹介です。


恐慌前夜/副島 隆彦



¥1,680

Amazon.co.jp




あるお客様に、約2年前に勧められて、副島隆彦氏の著書を読むようになりました。
「恐慌前夜」は、副島隆彦氏の最新著書です。


ご紹介すべきか、若干悩みました。
極端な表現の部分があるためです。
受け付けない方も多いようで、ネットの書評では酷評もあります。


副島氏の文書表現やその解釈については置いておいて、盛り込まれている情報は貴重な情報です。
収録されている資料類だけで、1,680円の価値はあります。


本書のなかで著者副島氏は、メリル、リーマンがなくなってしまうことを予想(予言?)しています。僕はこの本を9月9日に購入していたので、メリルは「ホンマに吸収されたがな」、リーマンは「うわ、ホンマに潰れたがな」と驚きました。
恐慌の入り口に入ったばかりで、アメリカ帝国は崩壊に向かうという、従来からの主張をさらに強めています。
資産保全のために、タンジブルアセット(実物資産)へのシフトを勧めています。


副島氏の主張は先鋭的です。
若干、偏った感もあります。


でも、自らリスクテイクして自ら投資判断をしていくためには、いろいろな情報に触れることが大切だと、僕は考えています。
ある角度からの情報やその情報分析を得ると、別の角度からの情報やその情報分析を得る努力をしなければなりません。自分の好みの情報源からの情報では、どうしても偏りができます。
そういう意味で、知っておくべき情報や考え方が、副島氏の著書には盛り込まれています。


好き嫌いがはっきりと分かれるでしょうが、多くの方にお勧めしたい一冊です。

2008年9月15日月曜日

法人課税30%へ

でました ヘ(゚∀゚*)ノ
久々に注目記事ですメモ
9月14日の日経新聞一面に、「法人課税30%に下げ提言」という記事が出ていました。


経済産業省が2009年度以降の税制抜本改革に向けて、包括的な提言を行うそうです。
その柱は、法人税率の引き下げ。
現状約40%の法人税率を30%まで引き下げることにより、企業の競争力、活力を高めていこうという政策です。結果的に景気の上昇も期待できます。
この改革は2015年までの実施を目指しているそうです。


素晴らしい政策です。
平成19年12月末に、経済産業省がまとめた平成20年度税制改正大綱資料のなかに、先進国の中で際立つ日本の高法人税率の引き下げが今後の課題という内容が盛り込まれていました。
弊社では、5年から10年後にかけて、日本の法人税率は下がると予想していましたが、こんなに早いタイミングでこんなに具体的な方向性が明示されるとは思っていませんでした。
ぜひ、実現して欲しいものです。


今後は、この税率引き下げの話題から目が離せません目
税率引き下げが具体化してきた今、検討すべきは「節税」です。もちろん合法的な「節税」、「利益繰り延べ」です。
合法的に利益を繰り延べてやることができれば、現在の40%の税率で課税を受けず、将来の30%の課税で課税を受けることが期待できます。
利益繰り延べは一般的に、将来、その繰り延べた利益を事業投資等で費用化できれば、大きなメリットを得ることができます。
でも、税率が下がれば、その繰り延べた利益を費用化できずそのまま課税されたとしても、メリットとなります。
今、課税されるよりも、将来において低い税率で課税を受けたほうが、手元に残るお金が増えるからです。


皆さん、上手に節税して、企業の体力を高めましょう!!

2008年9月12日金曜日

石川会

皆様、お疲れ様です(^O^)/


昨日は、リ○ング高松の敏腕編集長I川さんと編集部エースT本さん、そして弊社の中西さんと食事をしました。
場所はmisago。


misagoは3月に改装し、和食ベースのコース料理だけに変わっています。
味は相変わらず、美味しいです。
改装して、個室がメインになりました。会社の人と飲む場合にも、ビジネスで使う場合にも重宝します。
misagoのホームページは、残念ながらないようです。
すごく良いお店なのに、紹介ブログなんかも意外と少ないみたいです。
今度、お店の方に了解をいただいて、ご紹介をさせてもらえればと思っています。


さて、「石川会」とはこの食事会(飲み会)のことです。
敏腕編集長I川さんを囲んで、よもやま話をする会です。


よもやま話というか、リ○ング高松のお二人のトークが炸裂していました。
中西さんと僕は、入り込む余地がありません。








アップ「あんたねぇ」とスパークするエースT本さん。
昨日も切れてました。鋭さが違います。








アップ仲の良さを、さかんにアピールするI川さんとT本さん。
上司と部下の固い絆。
うらやましいですラブラブ!


I川さんを中心として、T本さんも含めた3人組で結成する「もんじゅの会」というのがあるそうです。
本気で仕事のアイデアを出す会のようです。
「三人寄れば文殊の知恵」からとって「もんじゅの会」だそうです。


原発の「もんじゅ」かと思いました。
核融合レベルのトークバトルみたいな…。


今回の石川会もすごく楽しい時間を過ごしてしまいました。
次回の企画が楽しみです。

2008年9月7日日曜日

本日のサッカー日本代表

勝ちました!!
終盤に失点してしまいましたし、もっと点を取れる場面もありましたが、最近の試合では、最も内容の良い試合だったのではないでしょうか。


今日はスターティングメンバーが良かったと思います。
直前のテストマッチでは思ったような結果が出ず、メンバーやポジションも定まっていませんでした。
特に得点力不足の印象が強まっているフォワードについては、バーレーン戦もワントップでいくのか、それともゼロトップ、つまりフォワードを置かないシステムで行くのかといった話しも出ていました。


日本は中盤の選手にタレントが豊富です。
ゼロトップシステムはヨーロッパのクラブチームで採用するチームがあり、日本代表も、どうせフォワードが点を取れないのであれば、フォワードの選手の代わりに中盤の選手を増やしたほうが良いのではないかということも言われていました。


試合が始まってみると、今日は、4-4-2のシステムでした。
2トップには玉田選手と田中選手。
玉田選手は、いつもどおりのパフォーマンス。
田中選手は、久々の代表での試合で、その持ち味を十分に発揮しました。豊富な運動量、献身的な動きで勝利に貢献しました。この試合にはピッタリの人選でした。


そして、阿部選手は、左サイドバックでの起用。
安心して見ていることができました。
攻撃面でも、阿部選手は、右サイド内田選手のように相手のゴールラインまで上がったり切り込んだりという場面は少なかったのですが、松井選手が左に張っていることが多く、バランスが取れていました。


今日の勝利は、この岡田監督の選手起用が当たったことが大きな要因だと思います。
田中選手の起用、阿部選手を左サイドで起用したことにより、チームのバランスが非常に良くなりました。


終盤にはヒヤリとしましたが、試合の流れのなかで修正すべき点は全員が分かっているでしょう。
気になるのは、サブメンバーです。
選手交代は交代できる選手は限られているため、今日の交代で良かったのか考えないといけないと思います。また、交代した選手の役割をもっと考えるようにしないといけないのではないでしょうか。


例えば佐藤選手は、解説の松木安太郎さんも言ってましたが、内田選手や中盤の選手が疲労しているため、もっと引いて守るべき場面がありました。
田中選手は足がつり気味でしたが、最後まで引いて守っていました。
ベンチからの指示が必要だったのでは?


次は、10月9日のキリンチャレンジカップ(UAE戦)を経て、10月15日ホームでのウズベキスタン戦です。
何はともあれ、白星発進できた良い流れのまま次の試合に入ってもらいたいものです。

2008年9月5日金曜日

寿司 中川

今日はお客様と食事をしてきました。お酒
僕の大好きな「寿司 中川」です。


「寿司 中川」はあるお客様に連れて行ってもらって知りました。
その美味さとセンスの良い料理にびっくりしました。
それから時々通っています。
ちょっと高いので、頻繁には行けませんが(^_^;)


今日は約2ヶ月ぶりでした。
美味さとセンスの良さは相変わらず。
写真も取りたかったのですが、お客様と一緒だったのでガマン。


「寿司 中川」の元スタッフさんのブログを発見。
内容から、おそらく「寿司 中川」公認ブログと思われます。
「寿司 中川」の良さが凝縮されています。


寿司 中川

太陽光発電所売却という選択肢

こんにちは(^O^)/ 2018年11月10日の日経新聞に「マネー研究所セレクション『米国子育て1人2,600万円 引っ越しや3世代で費用計画」という記事が掲載されていました。 米農務省が2017年に発表した報告によると、2人の子供を持つ収入が中程度(約663万~1,200万...