2008年9月7日日曜日

本日のサッカー日本代表

勝ちました!!
終盤に失点してしまいましたし、もっと点を取れる場面もありましたが、最近の試合では、最も内容の良い試合だったのではないでしょうか。


今日はスターティングメンバーが良かったと思います。
直前のテストマッチでは思ったような結果が出ず、メンバーやポジションも定まっていませんでした。
特に得点力不足の印象が強まっているフォワードについては、バーレーン戦もワントップでいくのか、それともゼロトップ、つまりフォワードを置かないシステムで行くのかといった話しも出ていました。


日本は中盤の選手にタレントが豊富です。
ゼロトップシステムはヨーロッパのクラブチームで採用するチームがあり、日本代表も、どうせフォワードが点を取れないのであれば、フォワードの選手の代わりに中盤の選手を増やしたほうが良いのではないかということも言われていました。


試合が始まってみると、今日は、4-4-2のシステムでした。
2トップには玉田選手と田中選手。
玉田選手は、いつもどおりのパフォーマンス。
田中選手は、久々の代表での試合で、その持ち味を十分に発揮しました。豊富な運動量、献身的な動きで勝利に貢献しました。この試合にはピッタリの人選でした。


そして、阿部選手は、左サイドバックでの起用。
安心して見ていることができました。
攻撃面でも、阿部選手は、右サイド内田選手のように相手のゴールラインまで上がったり切り込んだりという場面は少なかったのですが、松井選手が左に張っていることが多く、バランスが取れていました。


今日の勝利は、この岡田監督の選手起用が当たったことが大きな要因だと思います。
田中選手の起用、阿部選手を左サイドで起用したことにより、チームのバランスが非常に良くなりました。


終盤にはヒヤリとしましたが、試合の流れのなかで修正すべき点は全員が分かっているでしょう。
気になるのは、サブメンバーです。
選手交代は交代できる選手は限られているため、今日の交代で良かったのか考えないといけないと思います。また、交代した選手の役割をもっと考えるようにしないといけないのではないでしょうか。


例えば佐藤選手は、解説の松木安太郎さんも言ってましたが、内田選手や中盤の選手が疲労しているため、もっと引いて守るべき場面がありました。
田中選手は足がつり気味でしたが、最後まで引いて守っていました。
ベンチからの指示が必要だったのでは?


次は、10月9日のキリンチャレンジカップ(UAE戦)を経て、10月15日ホームでのウズベキスタン戦です。
何はともあれ、白星発進できた良い流れのまま次の試合に入ってもらいたいものです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

太陽光発電所売却という選択肢

こんにちは(^O^)/ 2018年11月10日の日経新聞に「マネー研究所セレクション『米国子育て1人2,600万円 引っ越しや3世代で費用計画」という記事が掲載されていました。 米農務省が2017年に発表した報告によると、2人の子供を持つ収入が中程度(約663万~1,200万...