2009年6月6日土曜日

日本版サブプライムローン問題は静かに進行中…

こんばんは(^-^)/
かなりお久しぶりです。


若干相場が上向いています。
ダブルボトムを警戒してしまいますが、心理的なバーとなっていた9,500円を超えて、短期的には10,000円を目指すトレンドでしょうか。
新型プリウスが販売開始となり、プリウスを製造する工場はつい先日まで1月のうち17日?間休業していたそうですが、現在は休日返上でフル稼働とのこと。
なんとなく明るい話題が増えてきていますが、実態経済は厳しい状況が続いています。


6月は多くの会社で賞与支給月となっています。
ところが、支給額カットや支給中止が相次いでいます。実体経済の厳しさを肌で感じずにはいられません。


ある上場会社の方と先週、お話をする機会がありました。
6月のボーナスは15%~45%程度のカットとなるそうです。役職が上の方ほどカット率が大きいようです。


45%カットというと、ボーナス額は半分になってしまいます。
ボーナスが半分になると、住宅ローンの返済に影響が出るはずです。


地方の中小零細企業では、ボーナス支給できない会社も出てきています。
ある銀行員の方に聞いた話では、住宅ローンの返済条件変更申請が激増しているそうです。
実際に、住宅ローン返済に問題が生じている家庭が増えてきている証拠です。
今後、金利が上昇する局面が出てくれば、さらに多くの家庭が大きな問題に直面する可能性があります。


日本版サブプライムローン問題は静かに進行しています。

0 件のコメント:

コメントを投稿

太陽光発電所売却という選択肢

こんにちは(^O^)/ 2018年11月10日の日経新聞に「マネー研究所セレクション『米国子育て1人2,600万円 引っ越しや3世代で費用計画」という記事が掲載されていました。 米農務省が2017年に発表した報告によると、2人の子供を持つ収入が中程度(約663万~1,200万...