2009年10月21日水曜日

エンディングノートって知ってますか?

こんにちは(^O^)/
10月24日号の週刊ダイヤモンドは相続特集「もめない相続 賢い贈与」です。

週刊 ダイヤモンド 2009年 10/24号 [雑誌]

¥740
Amazon.co.jp

相続・贈与の基礎知識から税金対策、事業承継対策、そして争族対策まで網羅されています。
事例も数多く紹介されており、自分に当てはめて考えることができます。
相続財産の評価方法も紹介されています。
限られた紙面に、とりあえず知りたい情報が盛り込まれています。

相続・贈与の基礎的かつ網羅的な知識を求めている方にお勧めです。

この特集の最後に、「エンディングノート活用策」という記事があります。
遺言では盛り込めない情報を記すのがエンディングノートだと紹介されています。
僕はもっと重要な役割がこのエンディングノートにはあると思っています。

僕たちは、多くのお客様に遺言書の作成をお勧めします。
後の争族を避けるためです。
しかしながら、自分から進んで遺言書を作成するという方は稀で、ほとんどの方が遺言書の作成に心理的な抵抗を感じるようです。
僕たちは、こんなお客様と面談を重ねることにより、ご自分のお考えを整理していただき、遺言書の重要性をご理解いただき、最終的にはほとんどのお客様に遺言書を作成していただきます。
時間がかかります。でも、相談する相手がいて、少しずつ自分の考えが整理されていくので、最終的には遺言の作成に至ります。

皆さんは、自分や家族の「死」について、家族や身近な人と話し合ったことはありますか?
ほとんどの方がそういうご経験がないのではないでしょうか。

大事なことなのに、なぜ多くの人が話しをしないのでしょうか。
それは、「死」について話しをすることが、タブーになっているからです。

実は、このエンディングノートをテーマとして、「エンディングノートの書き方セミナー」を10月14日に実施しました。予想以上の反響で、30名の方にお申し込みいただき、実際には21名の方にご参加いただきました。
弊社コンサルタントの福一が講師を担当しました。
手前味噌で恐縮ですが、とても良いセミナーでした。
受講者全員が、福一の話しを真剣に聞いてくれました。
受講者にとって、自分や家族の「死」について、考える「きっかけ」になったようです。

まず「きっかけ」を得ることが大事です。
セミナーにご参加いただいた方にとっては、今回のセミナーが「きっかけ」となりました。
例えば、10月24日号のダイヤモンドを読んで、それが「きっかけ」となる方もいるでしょう。
普段はタブーとなっている自分や自分の身近な人の「死」について本気で考える「きっかけ」を作る必要があります。

良い「きかっけ」を得て、本気で自分や自分の身近な人の「死」をリアルに考えた時、そこに「争い」を期待する人はいないでしょう。
期待しない「争い」を避けるために、自分の考えを残す、あるいは自分の身近な人の考えを知る必要があるのだと思います。

そして、このように考えていくと、思考をまとめるためのツールがあったほうが便利なのです。
そのツールが「エンディングノート」なのです。

エンディングノートは、「自分の考えを整理する」ためのツールとして使うことができます。
僕は、このツールとしての役割が、エンディングノートの重要な役割の一つだと考えています。

いきなり遺言書を作ることができれば良いのですが、心の準備ができていなければ、まずエンディングノートで自分の考えを整理してみてはどうでしょうか。

大好評の「エンディングノートの書き方セミナー」、次回は10月31日です。
ご興味のある方は是非お申込みください。

2009年10月7日水曜日

お金の学校に入りませんか?

こんにちは(^O^)/
台風が近づいています。
本日、弊社ではセミナーを開催しますが、夜の部はどれくらいのお客様がいらっしゃるか…。心配です。


さて、最近日経新聞で「金融を問う」という記事が連載されていました。
10月6日の「金融を問う」では、日本が欧米に比べて金融教育が遅れていることが紹介されていました。
HSBCの調査によると、日本人の60%がマネー教育を受けたことがないと回答。調査対象の15カ国のうち、2番目に多かったそうです。
家庭でお金の話をすることを嫌がる人も多いそうです。


僕たちには、法人経営者だけでなく一般個人のお客様もいます。
確かに、金融機関で働いている人は別にして、多くの個人が決して高いとはいえない金融知識の範囲で、リスク商品を判断し投資を実行しています。あるいは、多くの生命保険の契約を実行しています。
結果的に予想外の大きな損失を被ったり、当初目的の満たされない保険契約を継続しています。


弊社では、少しでも多くの一般個人の方に、気軽にファイナンシャルプランニングサービスを受けていただくために「¥お金の学校」をスタートすることとしました。


¥お金の学校」は、弊社が一般個人の方向けに展開するライフプランサービスです。
対象は、弊社の法人クライアントの従業員の方と、弊社のセミナーにご参加いただき、「¥お金の学校」入校申込書でお申し込みをいただいた方です。


フリーダイヤルの電話相談窓口を設けています。
ご入校いただいた方は、電話相談窓口やEメールを通じて、どの金融機関にも属さない中立な立場のファイナンシャルプランナーに、ご家庭の様々なお金にまつわる相談をしていただくことができます。


お客様のご要望によっては、時間をかけて、金融知識を身につけていただくことも可能です。
窓口のファイナンシャルプランナーに、ご自分のペースで疑問に思うことを質問していただき、知識を深めていっていただくことができます。


こちらから積極的に金融商品をお勧めすることはありません。
ここが金融機関に所属しているファイナンシャルプランナーとの違いです。
金融機関に所属しているファイナンシャルプランナーは、結局、自社の商品をお客様にお勧めしなければならないのです。


記事には、「業者任せでは変わらない」という見出しが掲載されています。
金融機関に所属しているファイナンシャルプランナーに相談すること自体に抵抗があり、相談ができない。結果として、金融知識が深まらないのではないでしょうか。
思い切って金融機関に所属するファイナンシャルプランナーに相談してみても、結局「業者まかせ」になってしまいます。


記事には、プロ顔負けの知識を持つ普通の会社員の存在も紹介されていますが、それはほんの一握りの存在です。
多くの人が、金融知識の乏しさを実感しています。
弊社は、このサバイバル時代を個人が生き抜くために、「¥お金の学校」をスタートします。
皆様、ぜひご入校をお願いいたします。





先端設備等導入計画を検討してください!

おはようございます(^o^)/ 2018年8月26日の日経新聞に「認知症患者、資産200兆円に」という記事が掲載されていました。 記事によれば、高齢化の進展で認知症患者が保有する金融資産が増え続け、2030年度には215兆円に達し、家計金融資産全体の1割を突破しそうとのこと。...