2010年2月13日土曜日

高松―宇野航路廃止!!

こんばんはo(^-^)o
本日の日経新聞の企業総合面と四国面で、高松―宇野航路のフェリー船が来月で廃止になると報じられています。
驚きです。
まさか廃止とは…。

記事によると、高松―宇野航路は1910年に旧国鉄が宇高連絡船の運航を始めてから、今年で100周年にあたる年とのこと。100周年の記念すべき年に、政府の施策により終止符を打たれるとは誰が予測したでしょうか。

僕たちは高松の対岸の玉野市のお客様を訪問するときには、高松―宇野のフェリーを利用していました。
なくなると車移動になります。
時間は車でもフェリーでもほとんど変わりません。
でも、フェリーならパソコンも携帯も使えるので、乗っている1時間、仕事ができます。
うどんが食べられるのも魅力です。朝移動するときには、船の中の売店でうどんを食べます割り箸
正直、むちゃくちゃおいしいというわけではありませんが、船の中で食べるとおいしく感じるのです。

瀬戸大橋は少し風が強くなると、すぐに通行止めになります。
そんなときフェリーは代替の交通機関をして機能してきましたが、これからはどうするのでしょうか。

残念ですが、こうやって時代は変化していくんでしょうね…。

0 件のコメント:

コメントを投稿

先端設備等導入計画を検討してください!

おはようございます(^o^)/ 2018年8月26日の日経新聞に「認知症患者、資産200兆円に」という記事が掲載されていました。 記事によれば、高齢化の進展で認知症患者が保有する金融資産が増え続け、2030年度には215兆円に達し、家計金融資産全体の1割を突破しそうとのこと。...