2010年9月22日水曜日

地価が下がり続けています。

こんにちは(^O^)/
基準地価が発表されました。

基準地価とは、7月1日時点の土地の正常価格のことです。
公示地価は、国による1月1日時点の地価調査の結果であるのに対して、基準地価は、各都道府県による地価調査です。
調査方法は、ほぼ同様のようですので、年始と年央で、地価相場の基調を読み取ることができます。

9月22日の日経新聞によると、全国の調査地点は、22,000箇所。
このうち、1年間で上昇したのは27箇所のみ。
横ばい地点は、302箇所で全体の1.5%にすぎないとのこと。

四国は、全用途平均で4県とも下落率が拡大。
記事では、「この3ヵ月間で入居企業との賃料引き下げ交渉が3件。この2年間で新規入居がまったくない」という松山市中心部のビルオーナーのコメントが紹介されています。
不動産相場が四国で一番良かった松山でもかなり厳しい状況のようです。

一部の都市とそれ以外の地方との地価の二極化が進んでいることが、このような地価にまつわる情報が発表されるたびに実感します。


最近、お客様との話題で、よく住宅取得資金の贈与の話しがでます。
住宅取得資金は贈与の枠が広がっていて、平成22年中の贈与については、1,500万円まで非課税で贈与できます。

住宅は、金銭的価値だけでその資産価値を測るのが難しい資産です。
多くの人が、将来の価値の目減りを想定しているでしょう。
しかしその目減りは建物の減価についての想定で、土地の減価については想定していない方も多いようです。

僕たちのお客様の場合は、住宅取得資金贈与を相続対策の一環として検討する方が多いのですが、その場合には、できるだけ都心部あるいは住宅として人気のある地域をお勧めしています。
税金が非課税であればとりあえずの対策にはなりますが、できれば将来も一定の価値を保って欲しいものですからね。

2010年9月8日水曜日

IT革命~Gmailとの格闘編~

こんばんは(^O^)/
お金や税金とはまったく関係のない話しです汗

僕が働く船井財産コンサルタンツ高松が所属するみどり合同税理士法人グループでは、現在IT革命が進行中ですパソコン

7月下旬に、船井財産コンサルタンツ高松では、コンサルタント全員にipadが支給されました。
ノートパソコンとは比較の対象とならないくらいの速さで、クライアントへのプレゼンテーション資料を表示できます。
普段は、紙の提案書ですが、たまに紙で用意していない資料をご提示したいときがあり、そんな時は大変便利です。

さらに8月下旬、iphone4が支給されました。どうやらiphoneはグループ全体での導入のようです。
これまで、会社の携帯はauでしたが、SoftBankに切り替わりました。
電話を掛けると、相手がSoftBankと分かるため、何人かのクライアントや取引先の方から「あ~、替えたんだね~」との反応が。

ipadやiphoneの導入で、インフラが整い、ITをフル活用して生産性を上げる実践を行うことになりました。
ということで、まずはGoogle Appsの試験導入です。
で、まずはGmail導入です。

僕たちはいままで、ノーツとサイボウズ、二つのグループウェアを使っていました。
基本的にメールはノーツでした。
ノーツは素晴らしいグループウェアですが、クラウド環境を作るのに大きなコストがかかります。
これが弊害(かどうかは分かりませんが)で、いままでメールはパソコンを開かなければ確認することができませんでした。
また、モバイル時には敢えてネットワークに接続しなければ、最新のメールボックスの状況を確認することができませんでした。

Gmailは違います。
ipadやiphoneは最初からGmailをサポートしているため、簡単な操作でアカウントを設定するだけで、携帯メールのような感覚で、Eメールのチェックができます目
本当の意味での隙間時間で、メールチェックを進めていくことができるようになりました。
僕は、1日にかなりの数のメールを受け取るため、その日のうちに目を通せないメールもたくさんありました(クライアントからのメールはもちろんその日のうちに対応しますよ)。
ところが今は、その日のうちに読めないということはありません。これは僕にとって画期的なことです。

すごい環境変化が起こったと喜んでいました。
でも、落とし穴はありました。
パソコンでのEメール作成です。

Gmailは、パソコンでEメールを作成する際に、自動保存がかかる仕組みになっています。
この自動保存が、1分おきくらいにかかります。
そして、この自動保存のときに5秒から長い時で10秒程度、「止まって」しまうのです!!
操作ができないのです!!

メールを打っているときの、特に長文メールを打っているときのこの「止まり」は大問題です。
実用に耐えません。
思考が寸断されてしまいます。

なんと、Gmailには、自動保存を解除する仕組みもなければ、自動保存の間隔を調整する機能もなく、我慢して使うしかありません。
ネットを見ると、これは僕だけの問題ではなく、多くの人が持つ悩みだということも分かりました。

2日くらい我慢して使いましたが、深夜にメールを作成していて怒りが頂点に達し爆弾Gmailの使用を止めました。
これが先週金曜日のことです。

そして、昨夜、やはりなんらかの解決策がないものか、Gmail以外のメーラーの使用も念頭に置き、わが社のITコンサルタント河瀬さんと模索しました。
もがいてみるものです。
解決策が見つかりました。
64ビット版のインターネットエクスプローラーの使用です。

僕は、実は会社のパソコンも最近新しくなり、64ビット版のウインドウズ7で動いています。
ふと、プログラムの中に、インターネットエクスプローラーが2種類あったことを思い出しました。
二つのうち一つは、「64ビット」と表示されています。
もしかしてと、この64ビット版インターネットエクスプローラーを立ち上げて、そこからGoogle Appsを立ち上げてGmailでメールを作成。
いままでが嘘のように、驚くべき速さで反応します。
そして、自動保存もまったく気にならなくなりました。

IT革命、一歩前進です将棋

Gmailの動作で悩んでいる方、ぜひ64ビット版インターネットエクスプローラーをお試しください。
ITコンサルタント河瀬さんによると、ブラウザでファイアフォックスを使ってもストレスが少ないそうです。
一つ障害があっても、乗り越えれば劇的な環境変化が起こるということが、IT化の魅力の一つです。

平成31年度税制改正

こんにちは(^O^)/ 本日2018年12月19日の日経新聞に「訪日客3000万人突破」という記事が掲載されています。 日本を訪れた2018年の外国人の数が、12月18日の時点で、初めて3,000万人を突破したそうです。 アジアを中心とした旺盛な訪日需要に支えられ、訪日外...