2010年9月22日水曜日

地価が下がり続けています。

こんにちは(^O^)/
基準地価が発表されました。

基準地価とは、7月1日時点の土地の正常価格のことです。
公示地価は、国による1月1日時点の地価調査の結果であるのに対して、基準地価は、各都道府県による地価調査です。
調査方法は、ほぼ同様のようですので、年始と年央で、地価相場の基調を読み取ることができます。

9月22日の日経新聞によると、全国の調査地点は、22,000箇所。
このうち、1年間で上昇したのは27箇所のみ。
横ばい地点は、302箇所で全体の1.5%にすぎないとのこと。

四国は、全用途平均で4県とも下落率が拡大。
記事では、「この3ヵ月間で入居企業との賃料引き下げ交渉が3件。この2年間で新規入居がまったくない」という松山市中心部のビルオーナーのコメントが紹介されています。
不動産相場が四国で一番良かった松山でもかなり厳しい状況のようです。

一部の都市とそれ以外の地方との地価の二極化が進んでいることが、このような地価にまつわる情報が発表されるたびに実感します。


最近、お客様との話題で、よく住宅取得資金の贈与の話しがでます。
住宅取得資金は贈与の枠が広がっていて、平成22年中の贈与については、1,500万円まで非課税で贈与できます。

住宅は、金銭的価値だけでその資産価値を測るのが難しい資産です。
多くの人が、将来の価値の目減りを想定しているでしょう。
しかしその目減りは建物の減価についての想定で、土地の減価については想定していない方も多いようです。

僕たちのお客様の場合は、住宅取得資金贈与を相続対策の一環として検討する方が多いのですが、その場合には、できるだけ都心部あるいは住宅として人気のある地域をお勧めしています。
税金が非課税であればとりあえずの対策にはなりますが、できれば将来も一定の価値を保って欲しいものですからね。

0 件のコメント:

コメントを投稿

先端設備等導入計画を検討してください!

おはようございます(^o^)/ 2018年8月26日の日経新聞に「認知症患者、資産200兆円に」という記事が掲載されていました。 記事によれば、高齢化の進展で認知症患者が保有する金融資産が増え続け、2030年度には215兆円に達し、家計金融資産全体の1割を突破しそうとのこと。...