2011年1月27日木曜日

利益繰り延べのトレンドが変わった!!

こんにちは(^O^)/
最近は、税制改正のご案内をお客様にして回っていますが、あまりにも酷い内容の改正に怒りの声しか聞こえてきません。
「民主党に投票したのは失敗だった」と嘆く方も少なくありません。

さて、そんな平成23年度税制改正の目玉は、何と言っても法人税実効税率の5%引き下げです。
当然、利益を将来へ繰り延べようという発想が出てきます。

現在、利益繰り延べの手段として最もポピュラーな方法は、生命保険を利用する方法です。
支払保険料の一部又は全額が損金となり、数年後に解約すると、高い解約返戻率で解約返戻金(現金)が返ってくるという内容です。
解約返戻金が返ってくると、利益が計上されますが、その時に設備投資や役員退職金で、その利益に見合う損金を作ることができれば、税金を払っていたよりも財務内容が強化されます。あるいは、赤字の穴埋めにもなります。

この利益繰り延べに利用する生命保険の人気トレンドが、法人税実効税率下げの影響で、大きく変わってきています。

昨年末までは、払込保険料を全額損金処理できるもので、解約返戻率が早い時期から高い率になるものが人気でした。
リーマンショック以降の先行き不透明感が原因と思われます。

ところが税制改正大綱が発表されてから1ヶ月、トレンドが変わりました。
現在、最も人気があるのは、逓増定期保険で5年程度で解約返戻率100%となるものです。
逓増定期保険は、払込保険料が半額損金となります。
しかしながら、被保険者の年齢次第では、5年程度で解約返戻率100%となるものがあります。
キャッシュロスがゼロのため、税率が下がる分のサヤだけでメリットが生じます。

これまでの生命保険を利用した利益繰り延べの考え方は、解約返戻金が返ってきたときに見合い損金を作ることができると、節税が完了してメリットが生じます(当然、解約するまでの間も不測の事態に備える経営安定化の役割は果たしているのですが、解約返戻金ピークまで保険料を払い込みできた場合には、そのありがたみが実感できないことも多いようです)。
ところが、今回の税制改正により、今はまさに税率が下がるタイミングです。100%の解約返戻金を確保できれば、見合い損金を作ることができなくてもメリットが生じます。

このメリットを運用の視点でとらえると、理論的には、余剰資金を定期預金で運用するよりも高い運用利回りを得ることができます。

キャッシュロスがないのに、保険料の半分は損金になります。

契約から4年目あたりまで、解約返礼率が低い水準で推移するものを選択すると、時価純資産の圧縮につながり、株価の純資産価額を圧縮する効果があります。

導入しない理由が見つからないという状況です。
これから決算対策を考えようという会社では、ぜひ一度検討の機会を設けられることをお勧めいたします。

2011年1月13日木曜日

エンディングノートツアー

こんにちは(^O^)/
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年12月28日付で、中小企業庁ホームページに、平成23年年度税制改正(中小企業関係)という資料が掲載されています。
中小企業に関係のある税制改正内容がまとめられていますので、より的を絞って理解したいという方には良いでしょう。

今年の税制改正は皆さん意外と興味があるようです。
法人税実効税率5%減はもちろんですが、相続税の改正内容についても話題に上ることが多くなっています。
税制改正が関係あるのかないのか分かりませんが、年が明けてから相続にまつわるご相談が増えています。これまでも気になりながら、具体的には動いていなかった方が情報を求めているという感じでしょうか。

さて、相続について興味を持つ方が増えてきていることを実感するこのタイミングで、皆様に「エンディングノートの書き方ツアー」をご案内できることになりました。


エンディングノートは、一般的には、次の世代に自分の気持ちを伝えるためのツールとして考えられています。
自分の気持ちや、これまでの思い出などを書き残すための遺言よりも軽いものという位置付けです。

しかし、僕は、エンディングノートの本質は「遺言の代わり」的なものではないと考えています。
エンディングノートは、自分の思考を整理するための絶好のツールです。

自分はこれまでどんな生き方をしてきたか、そして何を得たか。
自分にとって大事な人は誰で、その人との間にどんな思い出があるか。
自分の財産は何があるか、誰に残したいか。

まだまだたくさんあると思いますが、このようなことをじっくり考えてみないと、遺言書など作れないのです。
でも、考えてみるといろいろなことが混沌としており、疲れてきます。嫌になります。どうせ自分が死んだあとのことだと投げ出してしまいます。

そんなときにエンディングノートが最強のツールになります。
自分では整理できない思考を、「書く」というアウトプットにより清流のような思考へ導いてくれます。

今回僕たちが企画したのは、このエンディングノートを書くためのツアーです。
道後温泉の「ふなや」に一泊し、二日間かけてエンディングノートを書きます。

自分の人生を振り返りたくても、普段は忙しくそんな時間は取れない方が多いでしょう。
日々の喧騒から離れることによって、集中力が高まります。
道後温泉につかり一服すると、また違った思いが湧き上がってくるかも知れません。

エンディングノートの書き方ツアーでは、エンディングノートの書き方について、弊社コンサルタントの福一が中心になって講師を務めます。
これまで、高松市では何度か福一が講師でエンディングノートのセミナーを開催しました。
毎回、多数の方にご参加をいただき、好評をいただいています。でも、エンディングノートを実際に書いてみて仕上げた方はどれくらいいるのでしょう。
これまで弊社のエンディングノートセミナーに参加して、エンディングノートを書き上げていない方には、特にご参加いただきたいと思います。

参加をご希望の方は、弊社ホームページをご確認ください。
大勢の方のご参加をお待ちしております。

エンディングノートについての情報はこちら
http://www.funai-t.co.jp/seminar/seminar.php?id=338

太陽光発電所売却という選択肢

こんにちは(^O^)/ 2018年11月10日の日経新聞に「マネー研究所セレクション『米国子育て1人2,600万円 引っ越しや3世代で費用計画」という記事が掲載されていました。 米農務省が2017年に発表した報告によると、2人の子供を持つ収入が中程度(約663万~1,200万...