2013年4月25日木曜日

外貨建て生命保険にチャレンジ!

こんばんは(^O^)/
今朝、久ぶりに、今治と尾道をつなぐしまなみ海道を渡りました。
今日は、朝から良いお天気で、きれいな景色でした。




さて、ここ数か月、為替が気になりますね。
ドル円は、1$=99円台と、1$=100円が目前です。
お客様から為替の話しを伺うことも増えています。
今日、お会いしたお客様とも為替の話しをしました。そのお客様は、外貨建て資産をほとんど持っていないので、外貨建て資産を増やしてみようかというお話しでした。

外貨建て資産の候補はいくつかあります。
外貨建て預金、外債、外貨建てMMF、外国株式、投資信託、そして海外不動産などです。

投資の王道は分散投資、ということで、投資対象の資産はいくつかに分散してみると良いと思うのですが、その一つとして、外貨建て生命保険を検討してみてはいかがでしょう。

外貨建て生命保険には、終身保険、養老保険、個人年金保険などがあります。
目的に応じて商品選択をすれば良いのですが、例えば、どうせ必要な保障の一部を外貨建て保険で用意するという考え方で、終身保険を利用してみてはいかがでしょうか。

どうせ必要な保障の一部を、外貨建て終身保険でカバーします。
円建て保険と同じように、万が一の場合には、大きな保障があります。
円建て保険であっても必要な保険料で、外貨建て資産を保有することができます。
保険料は、ある一定の期間、毎年(毎月)支払っていくことになるので、必然的に投資時期を分散することができます。
終身保険であれば、払込期間が終了した後も解約返戻金が増え続けますので、定期預金と同じようなイメージの運用ができます。

アメリカやヨーロッパの低金利政策が続いているため、外貨建て生命保険商品の予定利率も低い水準が続いています。
いま、スタートするのが良いのかという疑問がありますが、仮に大きく円安に振れれば、予定利率の低さなどすぐにカバーできてしまいます。
いつが良いといったような考え方はないと思います。

最近は、外貨建て生命保険でも、積立利率変動型の商品もあります。
市場金利の動向が積立利率に反映されるため、現在の予定利率の低さが気になる方は、積立利率変動型商品を検討すると良いでしょう。

外貨建て資産投資に興味はあるけど、具体的にどういった資産に投資すれば良いかわからない、タイミングがわからないという悩みをお持ちの方は、とりあえず生命保険からスタートしてみても良いのではないでしょうか(^_^)v

2013年4月11日木曜日

太陽光はまだまだいける!!

こんにちは(^O^)/
3月23日、24日で伊勢神宮に行ってきました。


人生初の伊勢神宮参拝。
すべてが各違いでした。
外宮で、ここはとてつもないパワースポットであるということを実感しました。
内宮では、御神楽の中で祈祷していただきました。
ここは平安かっ?みたいな、感動的な祈祷でした。
宗教は文化なのだと実感しました。
伊勢神宮に行ったことがある人の多くが、毎年行きたいといいますが、その気持ち、よく分かります。

さて、平成25年度税制改正が確定し、太陽光投資の即時償却制度が2年延長されることが決定しました。
太陽光発電の買取価格は、37.8円で決定しています。

買取単価が下がり、太陽光投資の事業性が悪くなることが懸念されていましたが、高い事業性は確保されそうです。

本日平成25年4月11日の日経新聞に昭和シェル石油グループCEOのインタビュー記事が掲載されていました。
この記事によれば、昭和シェルグループでは、電力買取価格の引き下げを想定して太陽電池発電システムのコストを引き下げてきたとのこと。
さらに2017年には、主力品の生産コストを昨年比で約5割引き下げることが可能のようです。
また、原材料費を引き続き減らすのと同時に、パネル1枚当たり出力を高めていくそうです。

買取単価引き下げに伴って、施工業者の値引きも進むのだろうと考えていましたが、パネルそのもののコスト引き下げという裏付けもあり、太陽光事業の高い事業性は確保できるものと思われます。

太陽光投資はまだまだアツい話題です。
節税ニーズのある法人では、積極的に検討することをお勧めいたします!

米国不動産の奥深さ

こんにちは。 7月17日から7月18日にかけて九州へ出張しました。 岡山駅で乗り換えたのですが、駅のなかのコンビニエンスストアの棚の品数が少なく、一列空いてしまっている棚もありました。 大雨災害のため物流に影響が出ていて、商品の補充ができていないのだとか。 まだまだ大きな...