2015年8月27日木曜日

東京支店を開設しました!!

こんにちは(^O^)/

弊社は、平成27年8月24日に東京支店を開設いたしました!
丸の内3丁目の国際ビル4Fです。

住所は、
東京都千代田区丸の内3-1-1国際ビル4F
です。









弊社の株主で業務提携関係にある東京共同会計事務所が国際ビル9階に事務所を構えています。
そのご縁で、国際ビルに入居することができました。

お花もたくさんいただきました。

ありがとうございました!

今回の東京支店の開設は、
①最新の情報を素早く入手すること
②関東及び太平洋ベルト地帯における弊社の業務拡大
③M&A業務への本格的取組
を目的としています。

日本の情報は東京に集中しています。
特に金融や税制の情報はその傾向が顕著です。新しいスキームは必ずと言っていいほど、東京で生まれています。

弊社は、これまで、四国、岡山を中心にお客様のお手伝いをしてまいりました。岡山以外の中国地方と九州地方にも、少しですが、お客様がいらっしゃいます。
地方のお客様に対して、相続事業承継、タックスプランニング、組織再編などのコンサルティングを、東京とそん色のないレベルで、地方の報酬目線でサービス提供する努力をしてまいりました。

弊社が東京に拠点を置くことにより、より速く(早く)新しい情報を地方のお客様にお届けすることができると考えています。
あるいは、弊社が地方のお客様と東京の専門家を繋ぐことができると考えています。


また、弊社は事業規模を拡大していきたいと考えています。
事業規模が大きくなれば、情報が集まるという利点があります。
弊社は、お客様のための「購買代理」という経営理念を持っていますが、情報が集まることが、より良いサービスにつながると考えています。
従いまして、これまでの四国、岡山を中心とした活動エリアを、太平洋ベルト地帯に拡大したいと考えています。
これまでよりも広い地域のお客様にアクセスしようと考えた場合、やはり東京に拠点があったほうが良いという結論になりました。
東京からであれば、日本の多くの地域に日帰りできます。
高松と東京から太平洋ベルト地帯をカバーしていきたいと考えています。


さらに、東京に拠点を置いたことに伴い、M&A業務に本格的に取り組みたいと考えています。
これまでにも弊社でM&Aのアドバイザーをさせていただいた案件がありますが、正直、消極的な取り組みでした。
弊社にて事業承継のお手伝いをさせていただくお客様は、M&Aの買いニーズが旺盛です。また、優良企業であっても後継者が見当たらず、株式譲渡を検討することも増えてきました。
活動エリアを広げ、東京を拠点に情報収集し、中小企業のM&Aに積極的に取り組んでいきたいと考えています。


8月24日に東京支店を開設し、東京のお客様にご挨拶回りをいたしました。
早速に新しいお仕事をいただき、M&Aの情報も得ました。
本当にありがたいことです。

多くの方とのご縁により東京支店を無事スタートできました。
心より感謝致しております。
期待を裏切らないよう努力してまいりたく存じております。

0 件のコメント:

コメントを投稿

先端設備等導入計画を検討してください!

おはようございます(^o^)/ 2018年8月26日の日経新聞に「認知症患者、資産200兆円に」という記事が掲載されていました。 記事によれば、高齢化の進展で認知症患者が保有する金融資産が増え続け、2030年度には215兆円に達し、家計金融資産全体の1割を突破しそうとのこと。...