2016年8月26日金曜日

ふるさと納税2016

こんにちは(^O^)/
本日2016年8月26日の日経新聞に「ネスレ日本 コーヒーマシンにIOT」という記事が掲載されていました。
記事によれば、ネスレのコーヒーマシンにIOT機器を組み合わせて、無線通信を通じて、コーヒーの残量把握や自動注文ができるようになるそうです。
収集したビッグデータの活用も視野に入れているそうです。
 
身近なところでIOT活用が始まっています。
メーカーは消費者のデータを直接収集し、消費者にダイレクトに商品を届けることができるようになります。
物流の仕組みやビジネスモデルに影響を与えそうです。
 
さて、日経マネー2016年10月号の付録で、「ふるさと納税2016」という冊子があります。
2016年も後半に突入し、ふるさと納税の利用が気になり始めるタイミングです。
 
この冊子によれば、ふるさとう納税の寄付金額は、1年で約4.3倍になったそうです。
2016年度は、昨年の2~3倍で推移しており、3,500億円ほどの寄付金を見込んでいるそうです。
最近では、寄付額に応じたポイントを付与して、返戻品に交換する「ポイント制」を採用する自治体も増えているのだとか。
ますます使い勝手が良くなってますね~。
 
「ふるさと納税」ですが、これは実際には、都道府県や市町村への「寄付」です。
自己負担額が20,000円あります。
寄付した金額のうち、20,000円を除いた金額は、所得税と住民税から控除されます。
そして、寄付した自治体からは返戻品がもらえます。
返戻品は、食料品から日用品、旅行などの体験ものなど多岐にわたります。
 
寄付金額の20,000円を超える金額が、所得税と住民税から控除され、返戻品をもらえるということは、節税できるということです。
どこかへ納税する税金で返戻品をもらえていることになります。
 
節税メリットがいくらになるか、全額控除されるふるさと納税額はいくらなのかといったことは、インターネットサイトでシミュレーションできます。
ふるさとチョイス
さとふる
 
「さとるふ」をみると、返戻品の人気No.1は、佐賀牛切り落とし1Kg。寄付金額は1万円です。
返戻品の人気No.2は、佐賀県産コシヒカリ15Kg。寄付金額1万円で5kg3袋です。
返戻品の人気No.3は、北海道近海産毛ガニ。寄付金額1万円で毛ガニ500g2匹だそうです。
 
日本は、マイナス金利です。
効果の大きさを感じずにはいられません。
 
冊子「ふるさと納税2016」によれば、毎年10~12月に通年の寄付の60%が集中するそうです。
人気返戻品はなくなってしまったり、12月末を待たずに寄付を締め切る自治体もあるそうですので、早めの検討がお勧めです!
 
 
 

2016年8月10日水曜日

東京マンション投資は山手線駅を中心に

こんにちは(^O^)/
オリンピックが開幕しましたね。
日本はメダルラッシュですね。
一流のスポーツ選手の集中力には驚かされます。

さて、2016年8月9日の日経新聞に「東京・浜松町3500億円再開発」という記事が掲載されていました。
記事によれば、野村不動産ホールディングスは、東京の浜松町周辺で大規模な再開発に乗り出すそうです。
総事業費は約3,500億円で、2020年に着工し2030年の完成を目指す10年計画だそうです。壮大です。

2027年に開業予定のリニア中央新幹線の新駅などに近い立地の良さを生かし、オフィス街としての浜松町を活性化していくのだとか…。
浜松町は、リニア中央新幹線の新駅となる品川や、羽田空港に近く利便性の高い立地です。世界貿易センタービルもJR東日本などが再開発しており、丸の内や六本木に並ぶオフィス集積拠点とすることを目指すと記事では紹介されています。

記事では、野村不動産ホールディングスの浜松町開発が取り上げられていますが、すぐそばの品川駅・田町駅周辺の再開発計画は大規模です。
品川駅周辺の再開発は、東京都が後押ししています。
品川駅・田町駅周辺まちづくりガイドライン2014を見るとそのスケール感に驚かされます。

品川駅・田町周辺まちづくりガイドライン2014

東京は、今は、東京駅周辺、大手町、丸の内界隈が中心ですが、品川方面に東京の中心が移るのではないかという噂も耳にします。
野村不動産ホールディングスの浜松町開発まで加わると、品川駅周辺から浜松町駅周辺までの大きなエリアが激変していくということになります。

当然、そこには、個人の賃貸需要が発生します。
タイムイズマネーです。
できれば、電車の乗り換えなしで職場に行きたいものです。

会社のすぐそばでも良いかもしれませんが、住むエリアも好みがあります。贅沢な悩みです。
激変するエリアに好アクセスで、住環境が良く、他のエリアにも好アクセス。こんな希望を叶えてくれる最有力の選択肢は、山手線駅から徒歩10分以内、できれば5分以内の物件でしょう。

東京の再開発が進むにつれ、ますます山手線駅近物件の価値が上がります。
東京のマンション投資は、まずは山手線駅近物件からということでしょうか。

自社株トラブルの社内分裂

おはようございます(^o^)/ 本日2018年4月26日の日経新聞に「トヨタ、EV中国生産」という記事が掲載されていました。 記事によれば、日欧の自動車大手が中国で電気自動車の現地生産を広げるそうです。 中国は世界最先端のエコカー市場になり重要度が一段と高まるとのこと。 ...